So-net無料ブログ作成
検索選択

自動運転技術の発達により自動車学校が危機に?! [ロボット]


AI、人工知能が発達することにより私たちの生活にも
さまざまな影響が出てくると予測されています。

最近よく耳にするのが、

「仕事がAIにとってかわられる」

「AIの発達でいまある仕事の何割かは無くなる」

というものです。

無くなる仕事もあれば新たに出現する仕事もあるように
思われますが...

人間が楽になればそれにこそたことはありまあせん。

自動車が人工知能により人間の手を介さずに運転できる
自動運転技術も実用化の段階に入りました。

ナイトライダーという海外ドラマはこの人工知能を搭載した
クルマが活躍していました。

「クルマが自分で運転するなんてあいえん!」

と思いながらも面白いので観ていました。

主人公のドライバーとも会話ができています。

このドラマの脚本を書いた人は先見の明があったのでしょうね。

そんな中、自動車教習所はすでに多くの企業で経営が
行き詰ってきています。

今年自動車教習所に通った息子の話からもそれはひしひしと
感じました。

創業60年の実家、南福岡自動車学校を事業継承した江上喜朗氏
との対談でホリエモン氏は自動車教習所は今後10年でなくなる
との見解を示しています。

無くならないにしても経営は相当厳しいものになるとも。

そんな自動車教習所の経営を立て直した経験をまとめた著書が

『スーツを脱げ、タイツを着ろ!』(ダイヤモンド社)です。

「スーツを脱げ」はわかりますが、

「タイツを着ろ」とはいったいなにをしたのでしょう。

すごく興味がわきませんか?[わーい(嬉しい顔)]
金利差額