So-net無料ブログ作成

昆虫食が世界を救う!? [日記]

かんぱい.jpg

近未来の2050年。
よほど大きな天変地異でもない限り、世界人口は
100億人に達する可能性があるとされています。

今より6割の食料が増産されていなければ、
深刻な食料危機を招くことに…

そのとき、
食料危機を救うのは『昆虫』なのかもしれません。

例えば、枕草子の頃からその鳴き声に趣があると
愛でられてきた「コオロギ」。

東南アジアでは古来より食用や民間療法の薬として
用いられてきました。

コオロギは栄養価が高く、100g当たりに含まれる
タンパク質は21gあり、牛肉や粉ミルクとほぼ同じなのに、
飼育コストは牛に比べると1/10で済むという利点があります。

国連食糧農業機関は、家畜の代替食料として昆虫食に
可能性を見出せるとしています。

また、フィンランドや米オハイオ州のベンチャー企業が
コオロギ養殖に取り組み始め、日本でも昆虫からタンパク質
を抽出して食べやすくする技術が研究されています。

コオロギは小エビのような食感といいます。近い将来、
食品表示に昆虫の種類が記載されているかもしれませんね[目]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

金利差額

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。