So-net無料ブログ作成

ロボットが冷徹に相場を見極めて売買指示を出す? [ロボット]

カブロボ.jpg
イメージです

利食い売り続ける"カブロボ"
10月16日の日経平均株価は1万8,291円80銭。

8月中旬以降、1万8,000円を中心にレンジ相場で、
多くの機関投資家は運用のかじ取りに相当悩んで
いる様子。

そんな中、淡々と押し目買いし、利食いを続ける
ひとりの投資家がいるといいます。

彼の名は『日本株ロボット運用投信(カブロボ)』。

正確には、金融工学を駆使した4体のロボット。

過去5~10年程度の個別銘柄の値動きの特性や
財務内容などをみて、売買サインを出す。

カブロボは、安く買って高く売る極めてシンプルな
手法で、恐れず、冷徹に買い時・売り時を見極める
運用をしている。

純粋にファンドマネジャーの腕だけで勝負する日本株
ファンドは500本強あるそうですが、それらと比べて
カブロボは、8月以降の荒れ相場で最も成績が良かった
といいます。

なんだかすごいことになってますね。

AI(人工知能)技術がさらに進めば、不敗のカブロボ
が誕生するのでしょうか...

カブロボの今後の活躍に注目です[目]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

金利差額

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。